全国どこでも、転職の失敗を防いで希望の転職に成功するための直接指導を受けられるマンツーマン転職実践塾

②求人徹底開拓1

② 求人徹底開拓講座1

求人徹底開拓講座1
  • 収録時間:1時間20分35秒
  • 講師:転職創研 代表 和多田 保

講師 和多田 保 のプロフィールはこちら

この講座では、非インターネット系をメインに、応募先を最大限に開拓する方法を学びます。

2-A 講座のイントロダクションなど (13:59)

  • この講座で学ぶこと 
  • デジタル時代にあえてアナログ
  • すべてに網をかける
  • チャネル①ーハローワーク
  • ハローワークでの就職率
  • ハローワークとの付き合い方

2-B 主な求人開拓チャネル (13:13)

  • チャネル②ー人材紹介会社
  • チャネル③ー新聞
  • 新聞各紙の特徴
  • チャネル④ー求人誌
  • 主要な求人誌
  • 求人誌との付き合い方

2-C その他の求人開拓チャネル (05:09)

  • チャネル⑤ー転職フェア
  • チャネル⑥ー人脈
  • チャネル⑦ーその他

2-D 人材紹介会社の概要 (13:55)

  • 主な人材紹介会社
  • チャネル②ー人材紹介会社
  • 人材紹介会社の利用デメリット
  • 人材紹介会社の顧客は誰?
  • コンサルタントの視点
  • 面談してもらうことすら…
  • 複数の紹介会社と付き合う

2-E 人材紹介会社の付き合い方 (14:22)

  • 付き合い始めが肝心
  • コンサルタントを過信しない
  • 面談の後の関係維持
  • 紹介をしてくれたら
  • 人材紹介会社 結論

2-F 人脈活用の概要 (10:07)

  • 人脈こそ最も強力な突破口
  • 人脈のリストアップ
  • 人脈の活用例
  • 人脈活用のメリット
  • 人脈活用のデメリット
  • 人脈活用の注意点

2-G 人脈活用の補足と総括 (09:42)

  • 推薦状
  • 推薦状文例
  • アナログチャネルのポジショニング
  • アナログチャネルの位置付け


応募先の開拓は転職活動の源

ご存じの通り、現在は企業の求人意欲が極めて低くなっています。

帝国データバンクの調査(2010年2月)によれば、実に半数近い企業が、正社員(新卒・中途入社)を「採用する予定がない」と答えているのです。

つい2年前に比べて求人件数が激減していることは、転職活動をされている方なら誰もが実感されていることでしょう。

少ない求人案件に対して、解雇・リストラ等による大量の求職者。
転職市場のバランスは大きく崩れています。

特に中高年の方の求人意欲の低さは異常なほどです。

そもそも応募先が見つからなければ、どんなに応募書類をブラッシュアップさせても転職を成功させることができません。

しかし、この求人案件が乏しい状況でさえ、漏れなく可能な応募先を開拓できている人はまずいません。

転職環境が厳しければ厳しいほど、応募先を漏れなく開拓できるスキルは命綱となります。

この講座では、応募先を最大限に開拓し、結果を出すためのノウハウをすべてご紹介します。


『転職鉄則大全』を手に入れるには…

『転職鉄則大全』を手に入れられるのは、転職コンサルティングの受講者だけです。

オンライン転職塾の転職コンサルティングメニューは、こちらからご確認下さい

2ヶ月標準コース? 1ヶ月集中コース?

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional