全国どこでも、転職の失敗を防いで希望の転職に成功するための直接指導を受けられるマンツーマン転職実践塾

転職塾の目的

マンツーマン転職実践塾の目的

ずばり、

たくさんの転職成功者を出すこと

です。

今、多くの方が転職活動に悩み、傷つき、自分のあるべき場所を見失っています。

これは、日本の経済環境の急激な悪化、ひいては雇用環境の悪化により、売り手と買い手のバランスが崩れていることが大きく影響しています。

この厳しい買い手市場において納得できる転職を果たすためには、いくつかの問題があります。

そして、それらの問題を解消することこそが、マンツーマン転職実践塾の目的です。

問題1 転職の常識と現実の乖離

いわゆる転職ノウハウというものは、ずっと昔から様々な形で論じられ、提供されてきました。

たとえば、

  • 履歴書は手書きに限る
  • 応募書類は1社ごとに細かく対応させるべき

といったものがそれです。

しかし、社会の変化、雇用環境の変化によって、効果的な転職ノウハウというものは変化します。

かつての常識の中には通用しないものが出てきているにもかかわらず、急激な状況の変化に対応できていないのです。

問題2 一貫した体系的な転職指導の欠如

好況期や売り手市場においては、「そこそこ」の転職活動でも、それなりの職を得ることができました。

しかし、多数の応募者がふるいにかけられる現在の状況では、応募先探しから入社までのすべての局面で、狭き門をクリアできるだけの転職ノウハウを持っている必要があります。

ところが、「履歴書の書き方」とか「面接の受け答え」とか、個々の転職ノウハウを学べる場所はありますが、あらゆる局面における体系的なノウハウを学べる場所はほとんど存在しないのが現状です。

車の教習所で言えば、ハンドルさばきを教えてくれたり、ブレーキの踏み方を教えてくれる教官はいても、運転技術全体を教えてくれる人がいないようなものです。

問題3 情報の地域間格差

テレビやインターネットの普及によって、情報はかつてほど地域差を生じなくなりました。

しかし、こと対面的な情報サービスに限れば、依然として明らかな地域格差があります。

これは転職市場においてもあてはまります。

たとえば、各地に拠点を持つ人材紹介会社の数を見れば明らかですし、転職支援業者が行うセミナーや講習会の数の違いも明白です。

そして、本当に大切な情報の多くは、媒体を介した間接的な手段よりも、対面的手段によってもたらされることも事実です。

しかし、東京や大阪などの大都市圏で行われるセミナーに、他の地域から参加するには多くの時間と費用がかかります。

その一方で、都市部に比べて求人の数が少なく転職に苦しんでいる方も大勢いるのです。

再び、マンツーマン転職実践塾の目的とは

マンツーマン転職実践塾の大目的が「たくさんの転職成功者を出すこと」であるとすれば、それを実現するための小目的は、上記の問題を解消すること。

つまり、

checkmark 現在の環境において成果を出せる本当に効果的な転職ノウハウを提供すること

checkmark 転職のあらゆる局面における一貫したノウハウを提供し、希望の転職までの最短ルートを提供すること

checkmark 居住地域を問わず、同じコストで等しく効果的なノウハウを提供すること

であり、そのすべてを実現しました。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional