全国どこでも、転職の失敗を防いで希望の転職に成功するための直接指導を受けられるマンツーマン転職実践塾

転職理由はどのように説明するべきか

転職理由はどのように説明するべきか

会社に対する不満が大きくなってきていて、転職を考えています。
でも、転職理由について、どのように応募書類に書いたり面接で答えるべきか、悩んでいます。
転職理由を考える上でのポイントとかを教えていただければと思います。


和多田 の回答

結論から言ってしまうと、転職を成功させるためには、前向きな転職・退職理由を語れることが絶対条件です。

本音がどうであれ、です。

当たり前のことですが、応募者の全員が、すでに退職経験を持っているか、あるいは現職の退職を決めています。

なので、採用後に自社で同じことを繰り返さないかどうかを、採用担当者は非常に気にします。

採用活動にはお金がかかりますし、短期間で辞められては人員計画も狂ってしまうからです。

退職理由が後ろ向きであったり否定的なものだと、仕事への信念が希薄だったり、ストレス耐性がないこと等が疑われてしまいます。

ですから、自分の強みを活かす、前向きなチャレンジ精神を表現することを心がけましょう。

要は、現職では果たせないことを実現するために転職するのだ、というスタンスです。

仮にリストラ等の会社都合退職であったとしても、それをきっかけに自分を見つめ直し、改善・向上を図る意志を胸を張ってアピールすれば、採用してくれる企業も出てくるのです。

無料転職相談 転職塾メニュー一覧

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional